天然パーマが強くて、髪がうまくまとまらなくて困る

生まれつき直毛のサラサラヘアーに憧れますね。それだけで、美しさはアップします。
サラサラヘアーと対局をなすのが、天然パーマです。適度にパーマがかかっているのならば、それは魅力的です。しかし、パーマが必要以上に強かったら、見た目的に、あまり美しくなくて、かつ整えるのがとても大変です。

 

毎夜、お風呂に入って髪を洗います。お風呂から出て、ドライヤーをかけて寝ます。次の日に天然パーマの強い人はどうなるのか?
体毛6
ほとんど髪がうねり、ひどいときは、何故かぐちゃぐちゃになっています。その姿を鏡で見るたびに「なんでこんなに髪がぐちゃぐちゃになっているの。また髪を洗わなくちゃ」と思って、怒りとへこみながら朝シャンします。
ただでさえ時間がないのに、また髪のために時間が割かれるのです。

 

朝シャンせずにサラサラヘアーになるスプレーを髪にかけても、なぜかまとまりはいまいち。仮に上手くいっても、気づいたときには、一部がうねって寝癖のごとくぴんと立っていたりします。これは恥ずかしいですね。

 

天然パーマをサラサラヘアーにするために美容院で縮毛矯正や、ストレートパーマをかける、またはヘアーアイロンを購入して、日々自分の髪をストレートに伸ばすという方法があります。
これはこれでありですが、まず髪が傷みます。そして、コストがかかるのが難点です。

 

また、美容院で縮毛矯正してもらったにも関わらずしばらくして、また元に戻ることがあります。これでは意味がないですね。

 

他に自分でヘアーアイロンなどを使ってやる場合には、まず時間がかかります。そして、面倒臭い。また、髪にアイロンを当てすぎてしまい、自分の髪が焼ける匂いがしたり、良いことが少ない気がします。

 

特に気分が落ち込むのが、梅雨の時期でしょう。
梅雨は湿気が高くなります。湿気が高くなることで、髪は必要以上の水分を吸収して、膨張します。膨張して、うねりを起こすために、天然パーマの人は余計にまとまらなくなり、髪全体がくるくるしてくるのです。

 

そうならないためには、髪の表面のキューティクルを
洗い流さずにしっかり維持させて、水分を吸収させすぎないことが大事みたいですね。
体毛5
知識では分かっていますが、キューティクルを維持させるためにそれ専用のシャンプーや、リンス、ヘアケア商品など多数あって正直迷います。

 

くせ毛にも有効な育毛剤というのがあります。

 

遺伝だからしょうがないや、天然パーマを嘆いていても始まらないので、いろいろ試して、何が自分に合うのか見極めるのも必要だと思います。